賃貸併用のメリット

通常の賃貸経営とは異なるメリットがあります

賃貸経営をする方法として、アパートなどの賃貸専用物件を建築し、そして賃貸用物件として運営をしていく方法があります。そしてもう一つの賃貸経営の方法として賃貸併用住宅が挙げられますが、賃貸併用住宅ならではのメリットがあるのです。 メリットの一つとして住居部分と併せて建築していく事になりますので、コストを抑える事ができます。自身の住居と賃貸専用物件を別個で建てるよりもコストが少なくて済みますので、賃貸経営にも乗り出し易いと言えます。さらにはローンの返済を家賃収入で行っていけますので、ローンの支払いも楽になります。 賃貸併用住宅は賃貸部分を二世帯用として利用できるようになるのもメリットです。ライフスタイルに合わせて賃貸として利用したり、家族を住まわせるという利用方法ができますので、賃貸併用住宅は利便性が高い物件と言えます。

賃貸併用住宅によって老後も安心の収入を得ましょう

最近話題なのが賃貸併用住宅です。子供も巣立って夫婦二人になってしまった家はとても広く感じます。老後を考え、リフォームや建て替えを考えるなら、賃貸併用住宅にするのが良いです。所有する不動産に自分も住み続けながらも、それによって収入を得る、というとても合理的な住宅です。 しかし、メリットだけではありません。賃貸併用住宅を建てるには、一般的な戸建て住宅のようにはいきません。単純に考えても床面積も増えますし、それに加え各々の玄関や水回り、ガスなどの設備も必要になりますから、コストがかかります。 とはいえ、長い目で見れば同じ建物に自分が住み続けながら、下宿とは違いそれぞれの独立した部屋によってプライバシーは保たれた上で、家賃収入を得られるということは、リタイア後老後の収入面から考えてもとても有利なことです。また、その家賃収入によって賃貸併用住宅を建築した際の住宅ローンの返済にも充てることができます。